顎関節症とは

顎関節症とは、耳の前にある顎関節に炎症・癒着・歪みなどが発生していることにより、「顎を動かすと音がする(顎関節雑音)」「顎が痛い(顎関節痛・咀嚼筋痛)」「口が開かない(開口障害)」といった症状が出る疾患です。主な原因は、次のようなものです。
  • ・嚙み合わせが悪い
  • ・歯を食いしばる癖がある
  • ・ストレスを感じることが多い
症状が悪化することで、腕や指のしびれ、めまい、頭痛、首や肩、背中の痛み、腰痛、肩こりなどのほかに、目、耳、鼻、歯、舌などに不快感や違和感を覚えるようになることもあります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 口を開けるたびに、
    顎に痛みがはしる

  • 口の開け閉めの際に
    顎の部分から音が鳴る

  • 日中や寝ている際に、
    歯ぎしりや歯を食いしばる
    癖があり顎周辺が疲れる

  • 顎関節症と診断されたが、
    改善がすすまない

  • 顎を動かすと音が鳴る

    顎を動かすと音が鳴る

    口を開くときに耳の付け根辺りで「カクッ」「ゴリッ」といった音が鳴ることがあり、これも顎関節症の症状のひとつ(顎関節雑音)です。このとき、顎の関節円板にずれが生じている場合には、顎を動かすと引っかかるような音がしたり、顎関節を構成する骨の変形によりこすれ合うような音がしたりします。
  • 顎に痛みを感じる

    顎に痛みを感じる

    顎関節症の痛みは、「顎関節の痛み(顎関節痛)」と「咀嚼筋の痛み(咀嚼筋痛)」のどちらか、あるいはその両方によるものです。

    これによりかたい食べ物を力強く噛めなくなり、さらに悪化することで、口を閉めた状態でも顎関節や頬、こめかみなどが常に痛むようになります。
  • 口が開けづらい

    口が開けづらい

    口が開けづらくなる(開口障害)要因は、顎関節内部の関節円板がずれることで、関節の動きが妨げられたり、顎関節症の痛みで顎が動かせなかったりすることによるものです。

    これにより大きな食べ物を口に入れることが難しくなり、無理をすると顎が外れるといったことにもつながります。

Treatment

当院の治療法
当院の治療法
人の噛む力(顎にかかる力)は、身体の中で出すことのできる最も大きな力です。そのため、顎関節の痛みやバランスの崩れなどは、身体全体のバランスを崩すことにもつながります。

顎関節症になる原因にはさまざまな要因がありますが、症状が長引く、症状が改善しない場合は、脳の疲れによる自律神経の乱れが考えられます。

これは、本来身体が備えている自然治癒力が、脳の疲れにより低下してしまうことが原因です。

当院では、身体のバランスを正常な状態に戻し、自律神経を整えることにより自然治癒力を向上させることで症状の改善を図ります。

なかなか症状が改善しない、痛みが長く続くといった方は、ぜひ一度「なぎら堂治療室」までご相談ください。
お問い合わせはこちら
当院の治療法