頭痛の原因

頭痛には種類があり「日常的に誰もが起きる頭痛」「慢性的な頭痛」「危険な頭痛」の3つに分類されます。
この中でとくに多くの人が悩まされているのが「慢性的な頭痛」であり、その原因としては、ストレス、気候の変化、生活習慣などがあります。
「日常的に誰もが起きる頭痛」でイメージやすいのは、二日酔いなどです。

最も注意が必要なものが、急に激しい痛みをともなうような「危険な頭痛」。命の危険や今後の生活にも支障をきたす可能性もあるため、すぐに専門医療機関にかかるようにしてください。

こんなお悩みはありませんか?

  • 定期的に頭が痛くなる

  • 頭の後ろから痛くなる

  • 「疲労がたまる」
    「夕方になる」と頭痛がして
    仕事がはかどらない

  • 頭痛薬を常時服用している

  • 一次性頭痛

    一次性頭痛

    脳には異常が生じていない頭痛、それが一次性頭痛です。
    一次性頭痛には「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」などがあります。
    それぞれの特徴は次のとおりです。
    ・片頭痛
    ズキズキとした脈打つような痛みがあり、光や音に敏感になり、吐気もともないます。日常的な動きでも頭痛が強くなり、安静にすると痛みがやわらぐのも特徴です。痛みがあらわれる前にモザイクのようなチカチカした光が見えることがあります。
    ・緊張型頭痛
    頭を締め付けられるような重苦しい頭痛です。肩や首、背中のコリ、筋肉の緊張、ストレスなどさまざまなものが影響しており、痛み以外に身体がふわふわするようなめまいがともなうことがあります。
    ・群発頭痛
    男性に多く、片目の奥がえぐられるように激しく痛みます。半年から2~3年ごとに定期的に起こり、1~2ヶ月といったまとまった時期に毎日痛むのが特徴です(主に夜間)。結膜充血、流涙、鼻づまり、鼻水、まぶたの腫れなどの症状がともないます。
  • 二次性頭痛

    二次性頭痛

    二次性頭痛は、脳に異常がある場合に起きる頭痛です。くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、髄膜炎・脳炎などにより引き起こされるものが代表的です。
    急激に激しい痛みがでてくることが多く、生命や今後の生活に大きく関わる危険性があるため、すぐに専門医療機関の診断が必要となります。

Treatment

当院の治療法
当院の治療法
頭痛に悩まれている方の多くが「慢性的な頭痛」です。当院に通われている方の7割が頭痛による悩みを抱えられています。

慢性的な頭痛は「ストレス」「気候の変化」「生活習慣」により、自律神経が乱されることが原因です。当院では、身体全体のバランスを整えることで、乱れた自律神経を正常な状態に戻し、身体に本来備わっている自然治癒力を高めます。
これより、服薬に頼らない痛みの改善・除去が可能です。

慢性的な頭痛にお悩みの方は、ぜひ一度「なぎら堂治療室」までご相談ください。
お問い合わせはこちら
当院の治療法