うつ病とは

脳の情報伝達がうまく機能せず、自律神経が乱れることでさまざまな症状が引き起こされる疾患です。日常生活に強い影響をおよぼすほどの気分の落ち込みが続いたり、何事にも興味や喜びをもつことができなくなったりします。
「心の病気」と思われがちですが、正しくは「脳の病」です。
肉体的、心理的なストレスが過度にかかると発症します。ストレスの原因は過労、対人関係、家庭環境の変化など多岐にわたりますが、遺伝や薬の副作用、ホルモン分泌異常などにも注意が必要です。

こんなお悩みはありませんか?

  • ストレスを感じることが多く、
    毎日憂鬱

  • 「イライラする」
    「悲しくなる」
    など感情の起伏が激しい

  • 「痛み」「だるさ」などを、
    身体のさまざまな部位に感じている

  • 身体は疲れているが、
    なかなか寝つけない

  • 身体に倦怠感があり、
    気分も塞ぎがち

  • 精神的症状

    精神的症状

    • ・強い悲しみ
    • ・気分の落ち込み
    • ・意欲や喜びの低下
    などが一般的です。
    実際の症状のあらわれ方には個人差があります。
    「動作や反応が緩慢になる」「些細なことでも怒りっぽくなる」などが、気になり始めたら注意が必要です。ご自身が気づいていなくても、周囲の方が気づいている場合もあります。そのような話を周りの方からいわれた際には、一度ご自身の状態に目を向けてみてください。
  • 身体的症状

    身体的症状

    • ・睡眠障害
    • ・食欲の減退
    • ・頭痛
    • ・吐き気
    • ・肩コリや首コリ
    • ・手足のむくみやしびれ
    など、「身体的倦怠感」をともなうような、さまざまな自覚症状が発生します。
    身体的症状の場合は、精神的症状と異なりご自身で認識できるのも特徴のひとつです。
    ご自身の身体に違和感を覚えた際には、すでに何らかのメッセージを発信している可能性があります。

Treatment

当院の治療法
当院の治療法
「うつ病」は、脳の情報伝達機能がうまく働かず、自律神経が乱れることでさまざまな症状が出てしまう疾患です。
発症の原因は人それぞれ異なり、身体的なモノから、精神的なモノまで複合的に関係している場合もあります。
症状が長引く原因には「脳疲労状態(オーバーヒート)」が大きく関わっており、脳に疲労が蓄積することで、身体の自然治癒が阻害されます。
一般的な療法は、精神科での抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬、安定剤などの処方、心理カウンセラーによるカウンセリングがほとんどです。

当院の治療は、次のことを大切にしています。

①事前にしっかりとヒアリングし、「身体のどこに負担がかかっているのか?」「原因は何か?」を明らかにしたうえで施術に入ります。

②薬の服用や心理カウンセリングに頼るのではなく、「身体のバランスを整え、脳の働きを正常な状態へと導く」ことで自律神経の乱れを改善し、本来備わっている自然治癒力を高めることに着目した治療です。

薬の服用に抵抗がある方、症状が長引いている方は、ぜひ一度「なぎら堂治療室」までご相談ください。
お問い合わせはこちら
当院の治療法